評価: 0.0
登録タグ【編集】
楽曲情報【編集】




移調:

速度:

子連れ狼 (劇画『子連れ狼』イメージソング)

歌:橋幸夫・若草児童合唱団 作詞:小池一雄 作曲:吉田正

Ebm Bb7 Ebm B Bb7 Abm Abm Bb7 Ebm Abm Bb7 Ebm Ebm B Bb7 Ebm Ebm

「小高い丘の城跡のくずれかけた東屋で その子は父を待っていた。

この日の朝には帰るはずの父であった。それが三ッ目の朝となり 四ッ目の夜が来て、五ッ目の朝が雨だった。」

Ebmしとしとぴっちゃん しとぴっちゃん GbしとぴっEbmちゃん

Ebm哀しくBb7冷たい Ebm雨すだBb7れ Abmおさない心を Ebm凍てAbmつかEbm

Ebm帰らぬ 父(ちゃん)をB待っていBb7る ちゃAbmんのEbm仕事は 刺客(しかく)Bb7Ebm

(しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん)

Abm涙かくして 人を斬Bb7る Ebm帰りゃあいいが 帰りゃんときゃあ

Abmこの子も雨ン中 Ebm骨になBb7る Ebmこの子も雨ン中 Abm骨になBb7

Ebmあ…大五郎まB7Bb7三才(みっつ)

(しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん)


Ebm Ebm Bb7 Ebm Ebm

Ebmひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる GbひょうしゅるEbm

Ebmさびしく Bb7ひもじいEbm北風Bb7 Abmこけし頭を EbmなでAbmていEbm

Ebm帰らぬ 父はBいまどこBb7に ちゃAbmんのEbm仕事は 刺客Bb7Ebm

(ひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる ひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる)

Abm涙かくして 人を斬Bb7る Ebm帰りゃあいいが 帰りゃんときゃあ

Abmこの子も風ン中 Ebm土になBb7る Ebmこの子も風ン中 Abm土になBb7

Ebmあ…大五郎まB7Bb7三才

(ひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる ひょうひょうしゅるる ひょうしゅるる)


Abm Abm Bb7 Ebm Abm Bb7 Ebm Ebm B Bb7 Ebm Ebm

「六ッ目の朝 霜がおりた 季節の変わり目をつげる別れ霜が…」


Ebmぱきぱきぴきんこ ぱきぴんこ GbぱきぴんEbm

Ebm雨風Bb7凍って Ebmわかれ霜Bb7 Abm霜ふむ足が EbmかじAbmかんEbm

Ebm父をさがしに B出ていくBb7子 ちゃAbmんのEbm仕事は 刺客Bb7Ebm

(ぱきぱきぴきんこ ぱきぴんこ ぱきぱきぴきんこ ぱきぴんこ)

Abm涙かくして 人を斬Bb7る Ebm帰りゃあいいが 帰りゃんときゃあ

Abmこの子も霜ン中 Ebmこごえ死Bb7ぬ Ebmこの子も霜ン中 Abmこごえ死Bb7

Ebmあ…大五郎まB7Bb7三才 (ぱきぱきぴきんこ ぱきぴんこ……)