評価: 0.0
登録タグ【編集】
楽曲情報【編集】





移調:

速度:

絶体絶命

歌:東京事変 作詞:椎名林檎 作曲:伊澤一葉・椎名林檎

4/4拍子 -:8分音符 >:8分アクセント


Key: Eb

|Ab---- ---G7(b9,b13)-|---- ----|Cm7(9)---- ---Bbm7(9,11)-|---- Eb7(b9,13)----|

|Ab---- ---G7(b9,b13)-|---- ----|Cm7(9)---- ---Bbm7(9,11)-|---- Eb7(b9,13)----|


Abかなしみが 声(こG7(b9,b13)え)を殺して わCm7(9)たしを 待Bbm7(9,11)ち構えていEb7(b9,13)

Ab躙(にじ)り寄る 気G7(b9,b13)配の主(ぬし)を 知Cm7(9)りながらも 手Bbm7(9,11)に掛かっEb7(b9,13)


余(あAbまり)にG7(b9,b13)も重く 余(あCm7(9)まり)にBbm7(9,11)も硬Eb7(b9,13)

余(あAbまり)にG7(b9,b13)も暗く 余(あCm7(9)まり)にBbm7(9,11)も冷たEb7(b9,13)


Abかなしみが顔(かG7(b9,b13)お)を隠して わCm7(9)たしを抱き抱(かBbm7(9,11)か)えていEb7(b9,13)

Ab伸(の)し掛るそG7(b9,b13)の恐ろしさ 知Cm7(9)りながら儘(まんま)Bbm7(9,11)と捕まっEb7(b9,13)


余(あAbまり)にG7(b9,b13)も低く 余(あCm7(9)まり)にBbm7(9,11)も永Eb7(b9,13)

余(あAbまり)にG7(b9,b13)も深く 余(あCm7(9)まり)にBbm7(9,11)も大きEb7(b9,13)


Cm静寂(せいじゃく)がG7/D嘯(うそぶ)く「騒(さCm7/Ebわ)いだC7/E所で

Fm7されるBb7答はEbM7同じ」とG7(#9,b13)---- ----|

Cm教えてよG7/D頭のうCm7/EbちではC7/E言葉が

Fm7によりFm7/Bb正しBb7(9)いと

Key: F

Bbかなしみよ横(よA7(#9,b13)こ)たわって わDm7(9)たしを喰(くら)い尽(つCm7(9,11)く)さないF7(13)

Bb関わり合って居A7(#9,b13)ない知能と 肉体(にDm7(9)くたい)だけ持Cm7(9,11)て余しF7(13)


|Bb---- ---A7(b9,b13)-|---- A7--Aaug7--|Dm7(9)---- ---Cm7(9,11)-|---- F7(9,13)-F7(9,b13)-F7(9)--|

|Bb---- ---A7(b9,b13)-|---- A7--Aaug7--|Dm7(9)---- ---Cm7(9,11)-|---- F7(13)----|


Dm7絶望がA7/E囁(ささや)く「逃(のFM7が)したD/F#魚へ

拘泥(こGm7だわ)るC7(9)姿勢は尊(とFM7うと)い」と |A7---- A7(#9,b13)--A7(b9,b13)--|

Dm7(9)教えてよA7/E口に出しFM7た途端 Gbdim7言葉は

裏切(うGm7らぎ)るGm7/Cものだと


Gm7唯(たAm7だ)独りにしBbm7て 放っとC7(b9)いてさよF7うなら


Bbかなしみよ 寝A7(b9,b13)返り打って.. |Dm7(9)---- ---Cm7(9,11)-|---- F7(13)----|

Bbかなしみよ 向(むA7(b9,b13)こ)うへ行って.. |Dm7(9)---- ---Cm7(9,11)-|---- F7(13)----|


Bbかなしみよ押A7(b9,b13)し黙って わDm7(9)たしを縛りCm7(9,11)付けないF7(13)

Bb晴れ渡る空(そA7(b9,b13)ら)は遠く 塗Dm7(9)り潰されて行Fく (!)



<旧スコア>


G#--------|Gaug--------|Cm7--------|Bbsus4----Eb----|x2


G#かなしみが 声(こGaugえ)を殺して わCm7たしを 待Bbsus4ち構えていEb

G#躙(にじ)り寄る 気Gaug配の主(ぬし)を 知Cm7りながらも 手Bbsus4に掛かっEb


G#余にもGaug重く Cm7余にもBbsus4Eb

G#余にもGaug暗く Cm7余にもBbsus4冷たEb


G#かなしみが顔(かGaugお)を隠して わCm7たしを抱き抱(かBbsus4か)えていEb

G#伸(の)し掛るそGaugの恐ろしさ 知Cm7りながら儘(まんま)Bbsus4と捕まっEb


G#余にもGaug低く Cm7余にもBbsus4Eb

G#余にもGaug深く Cm7余にもBbsus4大きEb


Cm7静寂(せいじゃく)Bb/Dが嘯(うそぶ)く「騒(さEbM7わ)いだEm7-5所で出Fm7されるBb答はEbM7同じ」G

Cm7教えてよBb/D頭のうEbM7ちではEm7-5言葉がなFm7によりBb正しいと


Bbかなしみよ横(よAaugこ)たわって わDm7たしを喰(くら)いCsus4 尽(つく)さないF

Bb関わり合って居Aaugない知能と肉体(にDm7くたい)だけ持Csus4て余しF


Bb--------|Aaug--------|Dm7--------|Cm----F----|x2


Dm7絶望がC/E囁(ささや)く「逃(のFM7が)したF#m7-5魚へ拘泥(こGm7だわ)るC姿勢はFM7尊(とうと)い」A

Dm7教えてC/Eよ口に出しFM7た途端F#m7-5 言葉はGm7裏切るCものだと


Gm7Am7独りにしてBbm7 放っCといてさよFうなら


Bbかなしみよ 寝Aaug返り打って..|Dm7--------|Csus4----F----|

Bbかなしみよ 向(むAaugこ)うへ行って..|Dm7--------|Csus4----F----|


Bbかなしみよ押Aaugし黙って わDm7たしを縛りCsus4付けないF

Bb晴れ渡る空(そAaugら)は遠く 塗Dm7り潰されて行Fく (!)