評価: 0.0
登録タグ【編集】
楽曲情報【編集】

ニコニコ動画 ニコニコ動画







移調:

速度:

硝子の棺で眠る姫君

歌:Sound Horizon 作詞・作曲・編曲:Revo

Ebm嫉妬(Neid(ナイド))


Em硝子の棺 Em眠る姫君

Em君は何故この境界をEm越えてしまったのか?

Emさあ、唄ってごらん…」


Em雪の肌はBm白く C黒檀のD髪はGM7黒く

C潮のようDに赤B7Em唇 冬Cに望まA/C#れ産まDれたB7/D#


Gm柔らかなDm温もり 過Ebぎ去りしF春のBb匂い

Ebく切なFい痛D7み遺しGmて 生母(はは)Ebは遠くC7/Eへ逝っFてしまっD7/F#た……


Em鏡よB7鏡……Em此の世E7界でAm7一番、D美しいのGM7は、C誰なのかF#しら?」

B其れはC貴女――《王妃様》(die KDöniB7gin(ディ ケニギン))!」

N.C.「ホッホッホッホッホッホッホ!」


Gm継母はDm冷たく Eb亡母のF愛をBb憶いだし

Ebり抱きしFめ虚D7像と踊Gmる 月Eb日を重C7/EF娘に成ったD7/F#……


Em鏡よF#B……此Emの世界でAm一番、D美しいのGは、C誰なのかF#しら?」

B其れはC貴女――《王妃様》(die Königin(ディ DケニCギン))でしたが……

B今ではC彼女(私)――《雪白姫》(Schneewittchen(シュネーDヴィトヒCェン))!」

「キィィィィー!」


Em---- ----|F---- ----|Em---- ----|F---- ----|

Em---- ----|F---- ----|Em---- ----|F---- ----|

「おーおっおっおっ はぁはぁはぁ…姫ェぇぇ!」

「こっち来ないでー!じいや!無理ー!」

「おおおおー!待ってくれー!姫ェ!」


E狩人のF爺やに 追いかEけられ 森のF奥へと逃げる……」(「っひ、っひひひひ姫!」)

EワシだってF本当は、こんEなこと……したくFなかったんじゃよ」(「あっ!」)

EAmったら、GどうしCて?」

「姫Dmよ、おC妃様にゃB逆らえEぬ」Bb

EAm願い、G助けCて!」

「姫よ、Dm殺すCワシもB辛いんじゃEよ」Bb

AmそれなGら、私Fもうお城(うち)にCは、F帰らないCと約Bm束するEわ」

AmそれなGら、ワシにもF策があCる。F猪殺しCて身代わDmりにしEよう!」

「うんっ!」


――Amそして、私を待っていたのは……。


F#m宵闇Dの迫Eる影C#mが D進む道Bmを呑みC#/F込んでゆく

F#m迷い込んDだ見知Eらぬ森C#mの 小Dさな可愛EいおF#sus4F#


「あー!おいらのGm寝床でB誰か寝とCC#Dげん!」

「「C/EFD/F#で!?」」

G死んでがると?」「いんや、まだ生きてりっひ!」

G皆、どうするんべるく?」「「うーん」」

Cこういう場合は大抵王子様が接吻すればいいーねん」

「「おおー!」」「Gひゃーあ!」

「で、誰かこの中に王子様はいるんしゅたいん?」

Dいや、Cこの際おじ様でもいいんじゃね?」

「「Gそれだ!」」「「んーっ」」

Gぐーてん☆もるBbげん!」「「おーお!」」


G寝起きも超スッキリな美少女、F私の目覚めを待っていたのは、                    

G可笑しな訛りを持ったAb七人の愉快な小人達で、   

Gその後、狡賢い継母(はは)のF謀略により、幾度か死にかけたが、          

Gその都度、奇跡的にAb復活し続けたAのであった!      


「貴様、何者だ」

「私の名はイドルフリート・エーレンベルク、イドと呼んでくれ給え」

「ふざけるな、コルテスはどこだ!」

「キミのような低能に、教える義理は無い」「うるさい!」


※一部、物語の本筋とは関係ない音声が、流れている可能性がございます……。


Dもし、」

「ごめCんね、おD婆さん。

どんCな人も、家(うDち)へは、入れCちゃいけなDいのよ……」


「お留守番かい? C偉いねぇ!

Bmさぁ、真っ赤に熟れてる林檎(Apfel(アッフェル))。Bmお前さんに1C#つあげよF#う、ほれ!」


D「ごめCんね、おD婆さん。

いらCない。私D何も、貰CっちゃいけなDいのよ……」


「あらまぁ、C心配症だねえ!

Bmそうとなりゃ、抱いてる疑惑(Zweifel(ツヴァイフェル))。Bmこの婆と2つC#に分けよF#う!」


Dm抗えない 誘ってる悪魔(Teufel(トォイフェル)) Dm7つめの罪はE蜜のA

Bsus4いただきます…。」「いただきまーす!…うっ」

Bキッヒッヒッヒ!」


Em鏡よF#mB……此Emの世界でC一番、D美しいのGは、C誰なのかBmF#7/A#ら?」

Bm其れはC貴女――《王妃様》(die Königin(ディ DB7/D#ニギン))!」

N.C.ホッホッホッホッホッホッホ!」


Ebm成る程。それで君は騙されたわけだね?

Ebmならば、ある男の特殊な性癖を君のEbm復讐に利用してみようか

さあ、もう暫し。Ebm運命の相手は夢の世界で待つものさ」


Bb-|Cm---- ---Bb-|Cm---- ---Bb-|Cm---Cm---Bb--|Ab----Bb----|

Cm僕の理Bb想の花Ab嫁はEb/G Fm何処にBb居るのだろEbう?

C7嗚呼 西も東Fmも 北も南Bbも 雨にも負けEbず 風にも負けAb

捜したけれD/Aど 見つからなGいのさ


Ab未来に開く G少女も Cm過去に開いた Bb老婆も

Eb蕾も花も C7/E生きとし生ける Fm全ての女性(ひと)を D7/F#愛でても尚 見つGsus4からGないEsus4--E-Eb-|


Dm宵闇Bbの迫(せCま)る陰Fが Bb進む道Gmを呑みA込んでゆく

迷(まDmよ)い込んBbだ見知Cらぬ森Fの 小Bbさな可愛Cいお家Dsus4----D----|


儘、Em閉ざされCた硝D子の中Bmで、

眠(ねCむ)るようAmに死んBでる君は、

Em誰よりCも、嗚呼、D美しBmい。

やっCと、見DつけたEsus4よ!----E----|


F#m「《小人》(Zwerge(ツヴェルク))達よ、その死体を私に譲ってはくれないかな?」

F#m「こいつ」「どう」「見ても」「王」「子」「様」「寧ろ」

Ebm「「「いいんじゃね?!」」」


「さあ、もうすぐあの阿呆共がやらかすぞ」

Ebmお前たち、くれぐれも慎重に運ぶのだぞ」

「「はい、殿下!」」

「心の準備はよろしいかな?Ebmお姫様」

「うお!」「ああーっ!」

「ぐーてん☆もるげん!」

「「Ebmうわあー!」」

「さあ、復讐劇の始まりだ!」


Gm性の肌はDm白く Eb黒曜のF髪はBb黒くG7/B

Cm焔のようFに赤Dmい唇(くちびGmる)

妬いEbたのC7/Eが おF前のD7/F#罪なら

灼けGmFEbDm――


死 ぬ Cm迄 Bb踊 Dbれ !


「さ!ほれ!」「あうっ…は、ひぃ」

「きゃははっ! あははっ! Gmあーはっはっは!

Ebなーにそれえ!D Gmもっと上手に踊ってくだEbさらない?

AbGbっかくのGm可愛い娘のEb婚礼Dなのよお?Gm EbあーはっAbはっGbは!」

Gmああ!あちちち!アァー!アチチ!!あ、あぁーーー!!」

Gmなんてことだ…」


N.C.「鏡よ鏡、メル鏡。この世界で一番可愛いのは誰かしら?ウフフ!」

N.C.「勿論、それはエリーゼ姫さ」「本当!?嬉しい!アハハハハ!」