評価: 0.0
登録タグ【編集】
楽曲情報【編集】

ニコニコ動画 ニコニコ動画






移調:

速度:

薔薇の塔で眠る姫君(『Märchen』より)

作詞・作曲・編曲:Revo/唄:Sound Horizon

【1】

EbmHochmut(オウモォルト)【傲慢】』

※4分≒176 3/4

|Bm6-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- --|

「呪いと祝いの境界。乙女が堕ちた闇。

|Bm6-- -- --|-- -- --|(※6/4)-- -- C#7-- -- -- --|

深い微睡(まどろ)みの中。」

|F#m---- E----|D---- C#----|Badd9---- ----|---- ----|

|C#---- ----|---- ----|



|F#m-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- --|

「薔薇の塔、眠る姫君。君は何故、

|F#m-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- --|

此の境界を超えてしまったのか。 さぁ、唄ってごらん…」


F#m微睡(まどろ)みの森に踊る D百の孤独と

F#m月影に蝶は朽ちて D死の夢を見る


F#mSiebte GSchuld(七の罪科)】

Fdim野ばらにF#m抱かれDB7/D#眠るEFdimけ(理由)(※6/8)(F#m)は――

|F#m--- ---|--- ---|E--- ---|--- ---|

|B7/D#--- ---|--- ---|D--- ---|E--- ---|

|F#m--- ---|--- ---|E--- ---|--- ---|

|B7/D#--- ---|--- ---|D--- ---|E--- ---|


※6/4

F#m水浴びた妃(はは)がE聴いたのは D身籠もり告げEし かAわず(蛙)の声

Bmお望みの御E子が、A一年経たずに、Gお生まれになるでC#しょう」

「まあ…」


F#m歓(よろこ)びて王(父)がもEよお(催)したのは D姫(わたし)の誕E生 いAわ(祝)う宴

Bm黄金のさEら(皿)が A一枚足りずに G事件は起こG#ってしC#まった……


F#mSiebte GSchuld(七の罪科)】

Fdim恋もF#m知らずDB7/D#死せるおEとめ(処女)C#/E#

(F#mSiebte GSchuld)

Fdim野ばらにF#m抱かれDB7/D#眠るEFdimけ(理由)(F#m)は――

|F#m-- -- -- -- -- --|


※3/4

|D-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- A/C#--|

「おおー、よくぞ参った/よく来てくれました」「お招きいただき光栄ですわ、陛下。

「お招きいただき光栄ですわ、陛下。

|Bm-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- A--|

姫様へのお祝いに、美徳をお送り致しましょう」

|G-- -- --|E/G#-- -- --|A-- -- --|-- -- --|

「わたくしは美貌を」「それではわたしは富を」「では私からは―」

|D-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- A/C#--|

「あーらこれはこれは、皆様お揃いで。

|Bm-- -- --|-- -- --|-- -- --|-- -- A--|

今宵もご機嫌麗しいようで、結構ですこと。

|G-- -- --|E/G#-- -- --|A-- -- --|A#dim-- -- --|

おっほっほっほ! まったく、いい面の皮だね!」「失礼な!」


Bm国中に散Dmらばる、C神通力A#を持つBm賢女達をDm全て、C招いておきA#ながら…

Bm私だけまDmね(招)かぬC傲慢なるA#王よ、Bm祝いの宴Dm席にC呪いを添え(A#)てやろう!」


※4/4

Bm姫が抱くA#aug運命、僅かA余命十E五年。

G紡錘(つむ)にさされて、D/F#床に倒れて、C#/E#死ぬがいF#い!」

「いいえ―」

「《Bmalte rose(十三人目の賢女)》よ。ふきBmM7/A#つ(不吉)な言の葉。Bm7/A退けよう。

ひゃEく(百)年。G死んだと見せて、D/F#寝台の上、C#/E#唯、眠F#sus4るだF#け!」

「ならば、BmどちらのちかAら(力)が、うBmわ(上)回っていAるか、嗚呼、

Bmが(流)る時F#のみぞ識(し)(Bm)る……」

|Bm---- ----|---- ----|

|Bm---- ----|---- ----|C---- ----|---- ----|

「十五年後が楽しみだねぇ、アプリコーゼ」「うふふ。どうかしら?」「おっほっほっほっほ!」


【2】

※4分≒176 6/8

|D--- ---|--- ---|A--- ---|--- ---|

|D--- ---|--- ---|A--- ---|--- ---|

|Bm--- ---|A/C#--- ---|D--- ---|E--- Fdim---|

『朝と夜は繰り返す。

望もうとも、望まざろうとも。

光陰は矢の如く過ぎ去り、大樹にも幾つかの年輪を刻む。

齢(よわい)十五の朝を迎えることとなった、そんな私が……』NA:下川みくに


F#mSiebte GSchuld(七の罪科)】

Fdim野ばらにF#m抱かれDB7/D#眠るEFdimけ(理由)(F#m)は――

※4/4|F#m---- ----|---- ----|

「ドキドキだわ…」


しょAmくだい(燭台)の揺れる焔(ひかり) Am仄昏(ほの)い闇を照らす いAmし(石)壁の部屋を廻(まわ)り

Fい塔Gへ上が(※6/4)F#m

狭いBm螺旋型(ねじ)の E階段をA昇ると D部屋の中 G#m7-5独り C#老婆が麻(あさ)を紡(つむ)いでいた


F#mこんF#にちは、おD婆さん。ここEで何してAるの?

「糸を取っておりますのじゃ」

Dじゃあ、それAなぁに?面G#白そうに、BぐるぐるD跳ね回Fっている物!?

「あっ!…なに…んん…」

「ひっひっひっひっひ…」


【3】

Ebmなるほど…それで君は、野ばらに抱かれたわけだね。

Ebm目覚めへと至る、口付けが欲しいのかい?だが、Ebm残念ながら私は君の王子様じゃない。

さあ…Ebmもうしばし、運命の相手は夢の世界で待つものさ…」


※4分≒148 4/4

Bb-|Cm---- ---Bb-|Cm---- ---Bb-|Cm---Cm---Bb--|Ab----Bb----|

Cm僕の理Bb想の花Ab嫁はEb/G Fm何処にBb居るのだろEbう?

C7嗚呼 西も東Fmも 北も南Bbも 雨にも負けEbず 風にも負けAb

捜したけれD/Aど 見つからなGい……とおGも(思)っFてたEbやさDき(矢先)に

Ab素晴らしい 噂Gを聞GGた――


※6/8

Cm野ばらGmのいAbけがき(生垣)Ebに いFmだ(抱)かれBbた白Eb亜のしGろ(城)

Cm空をGm望むAb薔薇のEb塔 眠Fmる美Gmしい姫君~


A嗚呼 Dm唯 野ばらひGめ姫のC伝説(いいつたえ)AmBm7-5聞いただけEで 運AmBm感じCE

Dm彼女こGそが Cきっと僕Fの 《B捜し求めていた女性(エリス?)》なのだろう

ならば Eどんな困難も C#乗り越えてみせよ(※4/4)F#mう!


迷いのもDり(森)の きEり(霧)が晴れてAゆく

Dを誘(いざな)っD#dimてくれるのEか?愛しい姫のもとへ

F#m棘のいけがDき(生垣)が くEち(口)を開けてAゆく

Dを導いD#dimてくれるのEか?愛しい彼E女のもとへ(F#m)と――

|F#m---- ----|---- ---

F#m台(しょくだい)の揺れる焔(ひかり)、微睡(まどろ)んだ闇を照らす。

石壁の部屋を飛ばし、古Dい塔Eへ上がEbmる。

狭いAb螺旋型(ねじ)のDb7階段をGb上ると――

B部屋の中、Fm7-5独り、Bb乙女が横臥(よこたわ)っていN.C.た……。


【4】

Ebmさぁ姫、心の準備はEbm宜しいかな?」

「いただきます」

「んん」

「復讐劇の始まりだ…」

※4分≒148 6/8

|F#m--- ---|--- ---|D--- ---|C#--- ---|

|F#m--- ---|--- ---|D--- ---|C#--- ---|

|F#m--- ---|--- ---|D--- ---|C#--- ---|

|F#m--- ---|--- ---|D--- ---|G--- Fdim---|


予定調和な王子の接吻で姫が目覚めると、

役割を終えた野ばらは、立ち所に立ち枯れて朽ち果て、

長過ぎる午睡を貪っていた城の愉快な面々も、

何事も無かったかのように、彼等の愉快な日常を再開した。

『Als der Kuss des biederen Prinzen die Prinzessin weckte,

verdorrten die nutzlos gewordenen Wildrosen, und

wo sie einst , blieb Staub allein.

Auch die Menschen im Schlos, die viel zu lange in

tiefen Schllaf verfallen warden,

begannen ihr heiteres Tagewerk als ware nie etwas geschehen.』


「見てよぉ、こんなのホンット眠れなくてさぁ」

「ギャーッ!」

「なんべん言ったら分かんだ小僧!」

「さぁ~、観念なさい子猫ちゃん!」

「うわぁ!生き返ってる!あぁ…また…!」


※4/4

F#mSiebte GSchuld(七の罪科)】

Fdim気高きF#m王女DB7/D#呪うEなんC#/E#

(F#mSiebte GSchuld)

FdimごうまF#mん(傲慢)なのDB7/D#お前EFdim(F#m)


|F#m---- ----|D---- C#----|F#m---- ----|D---- G--Fdim--|

|F#m---- ----|D---- C#----|F#m---- ----|D---- G--Fdim--|

|F#m---- ----|---- ----|---- ----|---- ----|

C#/E#

「誰ぞ、アルテローゼを捕らえよ!」

「はっ!」

「もう二度とこの国の土は踏めぬものと思え!」

「野ばら姫よ、忘れるな!置き土産にもう一つ呪いをくれてやろう…。

フハハハ…ハッハッハ!アーッハッハッハッハ!」

「来い!静かにしろ」


――そして彼女は、

生まれた姫を森に捨てることとなる……。