評価: 0.0
登録タグ【編集】
楽曲情報【編集】

YouTube YouTube






移調:

速度:

銭湯の思い出

歌:ミドリカワ書房 作詞・作曲:緑川伸一

G  |A  |D/F#  |E  |Am  |D  |

G C  |G C  |G C  |G C  |

G湯船で僕らが騒いでいるとC いつGもおじさんに怒鳴られたD

「うるGせーなガキども!」G7C主頭でCmプロGレスラーみたいDだったおじさんG

Gおじさんのでっかい背中にはCG麗なカッコいい絵が書いてあってD

それGはお尻にまでG7Cく程Cmの 大Gきな大きなものDだったんだG


Cある時「おじさんの背中(せなGか)綺麗(きれCい)だね」と言ったらG

「バカDヤロー綺麗なもんか」と照EmれるDようA/C#に背C中を隠したD

Cそれが刺青(いDれずみ)とBmいうものEmだったという事Cを 知るのはだDいぶ後になって


G C  |G C  |G C  |G C  |

Gおじさんには娘さんがいてC いつGも一人外で待っていたD

Gらは湯上がりのG7体(からCだ)を冷ましつつCm 女(おんGな)の子の様子をD観察したG

Gおじさんが出て来ると女の子はC コーGラを一気に飲み干してD

おじGさんのぶっといG7Cに掴ったCm 母子G家庭の僕はD羨(うらやむ)むばかりG


Cあんなお父さんがいたらなあG 二人(ふたCり)を見ながらいつも思ったG

女(おんDな)の子の手を引きながらダEmDA/C#で歌(うCた)ってた歌がD

C人生を語(かDた)らず」とBmいう歌Emだったという事Cを 知るのはだDいぶ後になって


G  |C  |D  |G  |Em D#dim  |C G/B  |Am  |D  |

G C  |G C  |G C  |G C  |

G中学生になって僕らはCG湯に行かなくなってしまったD

そしてGあの女の子とG7Cじ学校にCmなるGとは まさかD思ってなかっG

Gそもそも同い年だったとはCGだか大人っぽく見えたからD

テレGビに出て来るG7C優さんのようなCm 彼女Gに僕はD夢中になったG


C僕は想いを打ち明けてGCよく付き合う事が出来たG

「あんDなお父さんがいEmDA/C#なあ」とCいうあの頃の夢がD

C23になるD春にBm叶うんEmだっていう事Cを 知るのはだDいぶ後になって D


G今でもお義父さんとはたまにCG湯に行く事があるD

背中(せなGか)の絵は少G7し萎(しぼ)CんでしまったがCm

やさGしい笑顔とDダミ声CはあのCm頃のまま


G Gsus4  |G Gsus4  |G Gsus4  |G Gsus4  |G  |